ホーム » TAD 研究会 » 試聴ルーム環境・TADユニット音質のすばらしさ

試聴ルーム環境

天高深部4500mm/縦7500mm/巾6000mm/梁長6000mm
:畳式 スピーカー設置部:40mm大理石
天井部
梁:杉材、下地材:杉材単板、壁材部:桐、機器収納関連:キハダ
残響は程好く的確に音源が伝播される環境です。
スピーカ設置が壇上にて床反射はなくリスナーに音源が直接伝播されます。
ルーム巾も程好く壁面反射もありません。
天井も充分な高さがあり高域の抜けも良く、伝播特性も聴感上程良く感じます。
床畳は日本人としての生活様式を取り入れSYSTEMは強度な雛壇に設置、畳にシステムの音質等が影響の無いよう設計考慮致しました。
畳環境が良いのは低域の床反射が少なく振動伝達にも適度な反応となる。

TADユニット音質のすばらしさ

TADのサウンドにはすばらしい低域、中高域の厚さがあり、その音源の深さには魅了されます。
全体的にスケールがあり、粒立つの良い楽器演奏のリアリティ、音楽の明暗等が明確に浮き出て底しれないサウンドの奥が見隠れします。
不思議と魂が入り込んでいるかのような錯覚しら覚えます。

≪Previous 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Next≫