ホーム » ホームシアター

当店、シアタールームにて常時視聴可能です。
ご視聴をご希望の方はご来店前に是非ご連絡をお願い致します)

■ 各フォーマットの真価をフルに引き出す<シネマDSP>

DTS

●DTS
ドルビーデジタルと同じ5.1chの信号を独立して再生できるサラウンドフォーマット。
音声圧縮率が低いため音に厚みがあり、チャンネル間のつながりやS/N感などに優れているのが特徴です。DVDのほかCDやLDにも使われています。

DTS-ES

●DTS-ES
DTS-ESは、これまでのDTSサラウンドと上位互換性を持たせた拡張フォーマットの総称です。
このうちDTS-ES/Discrete6.1はリアセンターchの信号をディスクリートで記録〜再生、DTS-ES/Matrix6.1はリアセンターch信号をリアL/Rにマトリクスエンコード記録〜再生します。
いずれもその真価をフルに発揮させるには専用デコーダーが必要ですが、従来のDTSデコーダーでも信号の欠落なく再生できます。新作映画を中心に採用が広がっています。

DOLBY SURROUND

●DOLBY SURROUND
通常の2chステレオと互換性のあるサラウンドフォーマット。
リアchの信号はモノラルで、総ch数はメインL/Rにセンターとリアを加えたchとなります。ビデオテープ、TV放送、CD、LD、DVDなどに幅広く採用されています。なお、”ドルビープロロジック”は、ドルーサラウンドの標準再生デコーダーの名称です。

DOLBY DIGITAL

●DOLBY DIGITAL
ドルビーサラウンドのリアchがステレオ化されたうえ、低域効果音の0.1chが加わった合計5.1chの信号を独立して再生できるサラウンドフォーマット。DVDの標準音声フォーマットとして採用されたほか、LDにも使われています。

AAC

●AAC
AAC(Advanced Audio Coding)はMPEG(Moving Picture Experts Group)が開発したマルチチャンネル対応音声フォーマットで、正式には”MPEG2-AAC”。従来の音声圧縮系フォーマットと比べて高音質を維持したまま圧縮率を高めることが可能なため、5.1chなどのマルチチャンネル・ディスクリート信号をデジタル放送で送信するのに適しています。BSデジタル放送に採用されています。

■ 話題のデコード機能にいち早く対応

DTS Neo:6

●DTS Neo:6
DTS-ES/Matrix6.1用デコーダーの処理能力を生かし、ビデオテープやCDなどの2chステレオ信号を6.1ch化して再生できる新しいサラウンドデコード機能。低音用0.1chを除くすべてのチャンネルで20Hz〜20KHzのフル帯域を確保しており、6.1chシステムを活かした高音質再生が期待できます。ソースに合わせて”MUSIC”と”CIENMA”のふたつのモードが選べます。

DOLBY DIGITAL PROLOGIC

●DOLBY DIGITAL PROLOGICII
最新のデジタルマトリクス技術を応用し、これまでのドルビープロロジックを大幅に発展させた2ch信号のためのサラウンドデコード機能です。ドルビーサラウンドソースはもちろん、CDなどの通常のステレオソースも5.1ch化して楽しむことが可能。サラウンドchが20Hz〜20KHzのフルレンジでステレオ再生されるのも、従来のプロロジックから大きく進歩した点です。DTS Neo:6と同じく、ソースに合わせて”MUSIC”と”MOVIE”のふたつのモードが選べます。

 OSSCREENに関してはこちらを参照して下さい。

■ スクリーンサイズ

スクリーンを導入されるお部屋の広さや天井の高さ、またご希望のイメージを想定し、スクリーンのサイズを決定します。

一般的な目安

スクリーンイメージサイズ

■ スクリーン生地特性

スクリーンの反射面の生地は、大きく分けてホワイト系、ビーズ系、パール系の3種類に分類されます。それぞれの生地によって映像の映り方は全く異なります。それぞれの生地の特性をしっかりと捉えることで、最適な映像環境を設定することが重要です。

ホワイト系
表面にエンボス加工を施し、入射光に対し全方向に拡散するので視野角が広く、床置き、天吊りなど、プロジェクタ−の設置位置を選ばずに利用できる拡散型のスクリーンです。ただし、暗い部屋、プロジェクターの光出力に余裕があることが要求されます。階調表現がナチュラルで、しっとりとした映画ソフトなどに向いた映像表現が特徴です。

ビーズ系
表面に光学レンズガラス球を散りばめた、回帰型のスクリーンです。入射光と同じ方向に反射光が戻る性質なので、照り返しや迷光などの影響が少ないのが特徴です。床置き、光出力が低いプロジェクターに好適です。シャープなフォーカス感とテレビ感覚のダイナミックな映像が魅力です。

パール系
表面に均一に特殊パール顔料をグラビア印刷し、高輝度を維持しながら広視野角を確保した反射型スクリーンです。天吊りの液晶プロジェクターとの相性はベストです。真価を発揮させるには、より暗い視聴環境を設定することが望まれます。力みのないコントラスト、フラットな画質、黒の階調表現も実に豊かでホームシアターには好適です。

ピュアマットII[PAT.P]
映画を楽しむなら、映像は自然な方がいい。そんな思いから生まれた拡散型スクリーン「ピュア・マット」シリーズの第2弾。
ピュアマットは、環境にやさしいブライトダル合繊を主とした繊維を、綾織で編みこんである特殊なスクリーン生地です。皺による映像への影響が少なく、ホワイトマット生地でしばしば問題となる干渉縞「モアレ」の現象が出にくいことも特徴です。また、ホットスポット、カラーシフトの問題も解消され、自然な映像を映し出すスクリーンです。整った環境で、本格的に映画を楽しむためのスクリーン、それが「ピュア・マット」です。
このピュアマットにバックコート加工を施したモデルとして新たに発表されたのが、この「ピュアマットII」です。
視聴環境として、スクリーン背面に窓などがあり、外光が発生した場合、スクリーンへ投影される光と相殺され、コントラストに影響が出ることがあります。 これを防止するために、背面にダークグレーコートを使用しました。また、スクリーンを透過した光を吸収することにより、シャープネスやコントラストの改善にも成功した新製品です。

スクリーン生地による反射特性の違い

水平適視範囲

スクリーンゲイン

■ エクステンションポールユニット

このポールユニットを使用することにより、壁や天井にネジやアンカーボルトを打ち込むことなくスクリーンの取り付けが可能。もちろんスクリーンの高さや方向も自由自在です。


●ネジ等の使用が不可能な場所に ●取り外しを可能にしたい方 ●取り付け作業が面倒な方
●映像により高さ調整を可能にしたい方 ●自由気ままに好きな場所で見たい方